自分流

借金の返済に追われながらも自分流の生き方を模索しています。完済が間近の今、過去や現在未来を見つめ直したい

年収について/低所得者/やめて良かった事

源泉徴収票に記載された前年度の年収が300万を超えました

正社員の頃の年収は500万弱といったところでした。五人家族で奥さんはパートで扶養の範囲内の稼ぎがあれば十分やって行ける金額かと私は思います。

現在の私は非正規雇用です。

年2回の賞与が無い分年収300万が限界かも知れません。時給の良い職場や副業等でもう少し増やす事は可能かもしれませんが、体力的に厳しいのが現状です。

低所得者の定義を調べてみると年収300万が世間一般的なラインになってるようです。同時に住民税非課税世帯が重要な判断材料みたいですね。

低所得者としての心境/やめて良かった事

会社を辞めた当初は本当の無収入になってしまい途方に暮れた時期もありましたが、徐々に非正規雇用として仕事を再開しました。一昨年の年収は200万弱だったと記憶しています。世間一般的な平均年収を稼いでいた頃は収入面においてあまり他人と比較する事はなかったわけですが、自分が低所得者になった途端に他人との比較が始まりました。

低所得者である自分が恥ずかしと思い始めたのもこの頃です。

あれから二年私は日々の暮らしの中で徐々にこの他人との比較をやめる努力を続けて来ました。私には私の生き方や暮らし方があり、他人には他人の生き方や暮らし方があります。上下なんて無くて、比較すること自体が間違いだと感じたからです。

お陰様で昨年度の年収は300万を少し超えましたが、それ以下であったとしても今の私は満足しているでしょう。

高収入であっても貧乏だと感じる人もいれば低所得者でも裕福だと感じられる生き方もあるという事ですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
にほんブログ村


人気ブログランキング